占い師を頼って復縁|努力することで素敵な絆つながる

占い

簡単な診断

カラー診断を受ける前に

カラー診断というと、小さい頃にやったカラー心理テストのような遊びを思いだしますが、現在は大人から子供まで共通して診断が出来るカラー診断テストや療法が数多く存在しています。 診断者と話しながらの心理テストや診断とは違い、色を使いながらの診断になりますので、本人には診断を受けている感感があまりありません。その分、素直な気持ちや感情をカラーに反映させることができますので、診断する側もされる側も、症状がわかりやすくでます。 ただし、診断者との信頼関係がなければ、せっかくのカラー診断も正しい結果が出にくくなったり、時間がかかってしまいます。 まずは、相性が良かったり、診断方針の説明を詳しくしてくれるなど、自分の条件にあった診断者を見つけるとよいです。

日頃からカラーを意識する

カラー診断を受けると、診断者より何かしらの結果がでますが、その結果を日頃から意識していくことが、診断結果を活かしていくことにつながります。 例えば、今の自分に必要なカラーを言われた場合は、食べ物や着るもの、日常的に目につくところに、そのカラーをとりいれるようにします。そうすることで、初めは意識して見ていたカラーが日が経つにつれ無意識へと働きかけ、深層心理の改革ができるようになります。 深層心理の変化には1カ月から3カ月くらい時間がかかります。変化したらといって、元の生活に戻ってしまうと、せっかくの変化した深層心理も元に戻ってしまいます。 変化した深層心理が元に戻らないよう継続し、心に良いクセがつくことで、メリットの多い生活を安定して送れるようになります。

Copyright ©2015 占い師を頼って復縁|努力することで素敵な絆つながる All Rights Reserved.

This template downloaded from: Templatemonster